iDeCoでの資産形成を始める前に知っておくべきこと

あなたの老後資金確保を手助けする総合情報サイト

金融商品と金融機関選びを全面サポート

現在夫婦二人の世帯の年金受給額は、平均22万円前後です。 年金だけでは赤字の世帯がほとんどです。私的年金で補足することが不可欠になります。 年金商品は多くありますから、予備知識を持ったうえで、年金選びをすることが、安心できる老後資金確保の基本です。

注目のiDeCoとは

個人が会社などを通じずに、個人として老後資金確保のために年金の積み立てができるのが個人型確定拠出年金(iDeCo)です。 形式的なことですが、個人型確定拠出年金は、証券会社が扱い、個人年金保険は保険会社が扱います。 この二つの年金は、税金の扱い方がかなり違います。特性をまとめました。

自営業、サラリーマンから家庭の主婦まで、安心の年金選び

公的年金以外に年金の積み立てで老後資金の確保をするときにまず考えられるのは、個人年金保険です。

個人年金保険は、一定期間保険料を払い込み、契約時に決めた年齢に達した時から、年金を受け取る貯蓄型の年金です。払込期間中に年金受取人が死亡した時には、払い込み済みの保険料は遺族に死亡給付金として支払われます。

個人年金保険は、年金の受け取り期間に従って、確定年金、有期年金、終身年金に分類されます。

「確定年金」は、被保険者の生死にかかわらず、決まった期間年金を受け取ることができます。本人が死亡した場合には遺族が受け取ることができます。

「終身年金」は、本人が生きている限り、生涯年金を受け取れます。当然保険料が高くなります。しかし長生きすればするほど効率はよくなります。そして本人が死亡すれば支払いは打ち切りとなり、遺族に支払われることはありません。

「有期年金」は、本人が生きている限り、契約時に決めた期間だけ、年金が支払われるものです。本人があまり早くなくなると、元本割れになることもあります。

「変額個人年金」は、保険会社の運用次第で年金額が変わるものです。実績次第で支払った保険料以上の年金を受け取れますが、場合によっては、元本割れになることもあります。

「外貨建て個人年金保険」は、「変額個人年金」の一種で、積立金の運用を外貨で行うものです。FX同様、高い利回りが期待できますが、世界情勢に大きく依存するため、大きな損失を出すこともあります。

豊富な金融商品に振り回されないコツ

私的年金で老後資金を確保するときには、サラリーマン、自営業、専業主婦など自分の属性によって、年金の特性を考えて選択することが大切です。 掛け金あるいは受給金に対する税制がかなり違います。 また、個人型確定拠出年金は、証券会社や金融商品を自分で選んで運用しますが、個人年金保険は運用は保険会社がします。

TOPへ戻る