あなたの老後資金確保を手助けする総合情報サイト

金融商品と金融機関選びを全面サポート

良い年金選びは自分の特性理解から

老後資金確保の基本は、税制優遇を効率的に使うことです。

iDeCoは掛け金が全額所得控除になります。

メリットばかりではなくデメリットもよく理解して、年金を選ぶことが大切です。

メリット・デメリットは視点により変わりますから、以下では単に特性としてiDeCoを説明します。

(1)60歳以降で積み立てたお金が引き出せる。つまり60歳以降には公的年金にプラスして受給できます。

(2)積み立てる掛け金の運用は自分が決める。この運用先は途中で変更可能です。

(3)ポータビリティがある。転職や退職時に、積み立てた資産の移管ができます。

(4)税制の優遇がある。掛け金は、所得控除になります。受給時には、一時金なら、退職所得控除、年金なら、公的年金等控除の対象になります。

(5)信託報酬が低い。

iDeCoを効率的に使うコツ

iDeCo加入者のカテゴリーに従って、掛け金の上限があります。

専業主婦は、23000円、公務員は、12000円、サラリーマンは、会社が企業年金のある場合は、企業型確定拠出年金だけの場合には、20000円、それ以外の場合には、12000円となっています。

iDeCoの掛け金は5000円からで、1000円単位で上乗せできます。税制優遇措置を考えると上限いっぱいの積み立てがおすすめです。

毎月の掛け金が負担になってきた時には、掛け金の変更もできます。掛け金の支払いを一旦停止して、運用だけをすることもできます。

ただし、iDeCoの口座を開いた金融機関を変えることもできるが、この手続きは面倒で、手数料を取られることもあります。従って、金融機関の選択は慎重に。


この記事をシェアする
TOPへ戻る