あなたの老後資金確保を手助けする総合情報サイト

注目のiDeCoとは

iDeCoでの資産運用

iDeCoの特徴は節税効果が大きいことです。運用中に得た利益にも税金はかかりません。

そして運用次第で積み立てた掛け金を上回って利益を得ることもできます。あなた次第のところもあるのです。

一般に投資信託で得た利益(売却益、分配金等)には20.315%の税金がかかります。iDeCoの運用益には税金はかかりません。

運用した資産は、60歳から70歳までの間に、一時金、年金、一時金と年金の三つの方式で受給できます。

いずれの形で受給しても税金の優遇措置があります。一時金の場合には、退職所得控除、年金の場合には、公的年金控除が適用されます。

iDeCoの運用で使われるのが投資信託です。一般的にiDeCoで使われる投資信託は、通常の物よりも運用コストが低く設定されています。購入手数料も多くの場合かかりません。

iDeCoとNISA

iDeCoとNISAのどちらを選ぶかという議論が時々見られますが、これはどちらかを選択するというよりも併用して利用するのが良いでしょう。

もちろん併用できるだけの資金の余裕が必要です。

iDeCoのほうは原則として60歳までは資金の引き出しができませんが、NISAのほうはいつでも引き出し可能です。

二つに共通なのは、どちらも積み立てによる投資なのです。iDeCoは5000円から、NISAは1000円から積み立てが可能です。

余裕資金の関係で、二つのうちどちらかを選択しなくてはならない時には、老後資金の確保が目的の時には、税制メリットの大きいiDeCo、ある程度資金がまとまった時に引き出したい時にはNISAを利用しましょう。

余裕資金がある時には、両方を併用しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る